{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

Iwata Nakayama Portfolio 2010

¥1,650 税込

送料についてはこちら

中山岩太(1895–1949)は、20年代に渡米しニューヨークでラカン・スタジオを設立。その後31歳でパリへ渡り藤田嗣治や未来派の作家等と交流を持ちました。帰国後芦屋に居を構え1930年に芦屋カメラクラブを設立。当時の新興写真運動の担い手として注目を浴びます。様々な素材を用いた暗室作業で多重に構成したイメージを一枚のプリントに紡ぎだす構成写真に取り組み、日本の近代写真の歴史に大きな足跡を残しました。本書は、オリジナルのガラス乾板から制作された12点のモダンプリントを収録するポートフォリオ「Iwata Nakayama Portfolio 2010」に付属するカタログです。中山岩太の戦前から戦後にかけての代表作を12点の図版にはそれぞれ作品解説が添えられています。写真史家の金子隆一氏によるテキストと、中山岩太の略年譜も巻末に収録。 サイズ:238×187mm 頁数:56頁 図版12点 製本:ソフトカバー 日本語、英語 監修:金子隆一 編集:河﨑晃一、横山幾子 企画・制作:中山岩太の会 出版年:2010

セール中のアイテム